行政書士試験の難易度は独学でいけるレベル?

行政書士試験は誰でも挑むことができる試験です。
それだけに受験する人が年々増えている人気の高い試験ですが、
それもあって難易度が高いとも言われています。


簡単に合格するだろうという気持ちで勉強をあまりせずに
半年で受験してしまったりすると、もちろん試験に合格することはできません。


行政書士試験はじっくりと学習に取り組む必要がある試験です。
このような試験は他にも色々ありますが、
こういった試験にうまく合格するためには、
時間の上手な使い方が不可欠となります。


もちろん独学でも合格することは可能ですが、
行政法の本を最初のページからずっと読みながら
暗記していくような方法では試験に合格することはできません。


やはり受験までのスケジュールを立てて、
基礎的な学習をする期間、問題に挑戦していく期間、
さらに模擬試験を実際に受けていく期間などというようにわけて、
きっちりと学習をこなしていくのが良いでしょう。


そのためには独学でも、教育機関のスケジュールなどを
参考にして試験に備えると効率的です。


実際のところは仕事を持ちながら勉強する場合、
スケジュールを立てるのも大変な上に時間がもったいなので
やはりなんらかの通学や講義、通信講座などを受けてしまった方が、
人に見てもらっているという気持ちでメリハリもつき、
挫折することなく勉強を続けることができます。


試験の傾向を知るためにも最後の模擬試験や集中講座くらいは
体験してみたほうが、独学でも試験に対する態勢が整い受験に成功しやすいのです。


>>初学者でも6ヶ月で行政書士試験に合格するには<<