行政書士事務所への就職のすすめ

行政書士の試験に合格すればそこで行政書士になれるかと言えば、それは微妙に異なります。
厳密に言えば「行政書士として働くためのスタートラインに立った」という事になります。

一般的にはまずはどこかの行政書士事務所に所属し、
そこで行政書士としてのキャリアを積み上げていく事になるのですが、
行政書士事務所への就職はどのようにして行うのか。

これにはいろいろな方法があります。

行政書士の世界には、日本行政書士会連合会と行政書士会、行政書士法人があります。


これらの伝を頼りにして行政書士事務所を見つけるケースが一般的のようです。

一般的な就職活動に比べればそこまで難しいものではないとも言われていますが、
試験が難しいのですから、総合的に見れば行政書士事務所に就職して
行政書士として働く事は決して簡単な事ではないと言えます。


それでも行政書士事務所に所属する事で晴れて
「行政書士」としてのスタートを切る事が出来るようになります。
(自分ではじめから独立する場合は別ですが)

いずれは独立開業をと考えている人も、まずは行政書士がどのようなお仕事を行うのか。

さらには、いずれは独立したいと考えているのであれば、
その時のために人脈を作っておく事も大切になりますので、
行政書士事務所での時間は決して無駄なものにはならないはずです。


どれだけ試験勉強を行っても、行政書士としてのスキル・キャリアを積み上げて
いけるものではありませんが、行政書士事務所ではそれが可能なのです。


>>初学者でも6ヶ月で行政書士試験に合格するには<<