「士」のつく資格の中でも行政書士試験の難易度は

行政書士試験の難易度はどのくらいなのでしょうか。


一般に、弁護士や司法書士、会計士など「士」のつく仕事の
国家試験は取るのが大変だとされています。


行政書士は法律を扱う「士」のつく資格の中では
比較的易しいと考えられていますので、
通信教育などで学んだ法律にまったく関係のない仕事を
している人がチャレンジできる資格です。


それでも過去数年の合格率を見てみると、
行政書士試験の合格率は直近5年で6〜9パーセントとなっています。


この数字だけを見ると10人に一人以下しか
受からない試験となりますので、易しい試験とは
とても言い難いものがあります。


行政書士試験は簡単な試験ではないのです。


しかし、行政書士の試験に合格するには、
出題された中から6割の正解を得ればよいということになっています。


その中でも法令が5割、一般知識は4割以上正解することと決まっています。
この数字さえクリアすれば、合格できるわけです。


上から何人までしか合格できない、
というように合格人数が決まっている試験ではないので、
合格率や難易度にとらわれず、自分が6割以上の
正解率を持っていれば良いということになります。


本気で勉強すれば、半年で合格することも可能です。
簡単な試験だとは思わない方がよいですが、「自分には無理だ」、
「どうせ受かりっこない」などというふうに考えずに
まずはチャレンジしてみましょう。


法律の勉強は興味を持つことができれば大変面白いものです。
勉強を初めてみれば、自分に向いていると思うことがあるかもしれません。


幸い行政書士の試験を受けるには年齢、性別、
学歴などは一切制限がありません。
誰でも受けることのできる法律の資格はあまり数がありませんので、
法律の勉強の取りかかりとしても行政書士試験は最適です。


>>初学者でも6ヶ月で行政書士試験に合格するには<<