*

行政書士試験の合格率は、例年8~9パーセントとなっています。

資格試験の中では難易度の高い試験内容だと言うことができるでしょう。

そのため勉強法も、法律をコツコツと丸暗記するよりも、
過去の問題などを元にした参考書を使って効率のよい学習法が求められます。


この方向性は2006年に試験問題ががらりと改正されたのに伴って、
ますますその色を強くしてきています。


試験内容の変更によって勉強方法も変わってきました。
独学で勉強する人が割合的に多かった行政書士試験ですが、
最近では通信教育などを受講する人も増えてきています。


独学の場合、毎日の勉強時間をどのように確保していくかというのが一番の問題です。

数ヶ月の短い期間で受験までいけるような簡単な資格試験と違い、
行政書士の勉強は最低でも半年以上の期間が必要だと言われています。

そのため独学の場合、よほど上手いスケジュールを
自分で立てられるようにしなければなりません。

また、試験問題には毎年傾向があります。

例えば行政書士の職務についてのように、
絶対に変わらない回答がある問題が数年変わりで出たりします。

このような問題は絶対に取りこぼしたくない問題です。

サービス問題といっても良いこのような出題は、必ず答えられるようにしましょう。


このような問題や、時事問題でもある一般常識の出題などは、
プロの講師などの力を頼った方が範囲も絞り込め、
過去問題を提供してもらうことができます。

行政書士試験の学習方法は人によりさまざまですが、
独学の方でも受験直前は模擬試験などを経験しておいたほうがよいでしょう。

安心して本番に臨むことができます。


>>Next 行政書士試験の難易度は独学でいけるレベル?


>>初学者でも6ヶ月で行政書士試験に合格するには<<